プロフィール

清水勇人プロフィール

その① - 子どものころは旧大宮市、旧浦和市で育ちました。

昭和37年3月埼玉県生まれ
さいたま(旧大宮)市立植水小学校卒業(現さいたま市西区水判土、中野林在住)私立明治学院中・同東村山高卒業 (中学1年昭和50年より浦和区常盤5丁目在住・平成元年より緑区中尾へ)
日本大学法学部政治経済学科卒業

"戦争と飢えをなくしたい"をテーマに国際政治、国際関係論を学ぶ。
在学中にJVCのボランティアとしてタイ難民キャンプでボランティア活動に従事。

ニューヨークの国連本部で開催された模擬国連(MUN)に初の日本代表団を組織、参加。
1年休学し、イラン、シリア、ヨルダン、イスラエル、エジプト、パキスタンなど戦乱の中東を取材。

昭和63年(第7期生)、故松下幸之助翁が設立した財団法人松下政経塾卒塾。
地域の国際化、環太平洋経済圏構想、教育問題、等に取り組みました。
卒塾後、自治体、企業のマーケティング、地域開発、各種コンサルティングなどの業務を行う会社を経営。

その② - 政治家としては岩槻区・見沼区で育てていただきました。

衆議院議員秘書、公設第一秘書を経て(衆議院秘書時代は国会と岩槻区、蓮田市担当)
結婚後平成9年7月よりさいたま市見沼区在住

平成15年、南6区(さいたま市見沼区)より18,658票で初当選(トップ当選)
全国初の議員提案による「埼玉県防犯のまちづくり推進条例」、「埼玉県スポーツ振興のまちづくり条例」を議員提案で実現。
平成19年4月、22,561票で連続トップ当選。

そのほか

  • 好きな食べ物:ラーメン
  • 好きなカラオケ:恋の町札幌、世界に一つだけの花、旅姿3人男、勇気100%(手話)
  • 血液型:AB型
  • 星座:おひつじ座
  • 趣味:スポーツ観戦、読書
  • 家族構成:妻、息子二人
  • さいたま市見沼区堀崎町在住

<清水はやと>ってこんな人

情熱と信念

普段は笑顔を絶やさぬ「癒し系」。
が、姿勢のことになるや口角泡を飛ばして議論を展開する熱い男。

涙もろい

大の感激家。あたたかい気持ちに触れたり、地域のために働く姿に感動する涙もろい市長。

スポーツ大好き

するのも見るのも大好きだ。サッカー、野球、バスケットボール、マラソン、格闘技・・・。中学時代は野球部。ただし、実力は弱小チームの補欠とレギュラーの中間。

好きな言葉

素志貫徹(成功の要諦は、成功するまで続けるところにある)

読書好き

読書は年間150冊ほど。歴史物や経済、政治ものなど様々な分野。

大の食いしん坊

お米が大好き。ラーメン大好き。なんでも大好き。
でも一番の好物は、愛妻弁当?
ダイエットは苦手だが、第2回さいたま国際マラソン出場のために10kgの減量に成功。やるときはやる。

チャレンジャー

いつも新しいことにチャレンジする根っからのチャレンジャー。
さいたま国際マラソンのPRとたくさんの市民にマラソンやスポーツすることの楽しさを知ってもらいたいとの思いから、昨年(平成28年)に開催された第2回さいたま国際マラソンに、人生初めてフルマラソンに挑戦。練習も積み重ね、5時間26分26秒(ゴー風呂、風呂)で見事完走。

さいたまが大好き

限りない可能性を持つ市と市民力。その可能性をもっともっと引き出すために、「さいたま市を一つに」することが大切だと日頃から熱く語る。
そのために「顔が見える市長に」と休みなくさいたま市内を隈なく駆け巡る。

  • 清水はやとFacebook
  • さいたま市ホームページ ようこそ市長室へ
  • 後援会員募集
  • 清水はやと Twitter
  • 清水はやとInstagram
  • 社長TV